笹藪の草刈はMASAOが得意です

こんにちは、草刈りマスターです。

草刈のお話はそれほど幅が広がるわけではないのでブログ更新も滞りがちですが(言い訳するな!)シーズン的にぼちぼちとご依頼が増えてまいりました。

それでもコロナ禍で「将来の先行きが不安でお金を使いたくない」という方や、「時間はあるから自分でやる」という人が以前より増えているのではないでしょうか?

我々のような『代行業』は暇がない人のためにある仕事なので、皆さんが忙しくなければ、我々は暇になってしまいます(´;ω;`)

まぁ、そんなことを言ってもどうしようもないので昨年も行った美唄市の笹藪の草刈をしてきたので写真UPしますね。

笹藪は普通の刈払機だと大変な労力を要します!

笹藪も楽勝です

昨年は周囲の笹も刈り取りましたが今年は主要部だけの草刈です。

乗用タイプの草刈MASAOは細かく粉砕してくれるので草を集めなくてもご覧の通りです。

車から降ろして準備等を除けば実作業時間は30分程度です。

1回目の時は操作に不慣れだったり、地面に石や切り株などが無いかを確認しながらの作業だったので時間がかかりましたが2回目は早いです。

もし、刈払機で全ての草刈をすると熟練度にもよりますが2時間〜3時間くらいかかると思います。

ちなみに普通の刈払機を使うとどうなるかも写真(下部写真)にとってみましたが、根元から切ると笹が邪魔をして他の笹を切れなくなってしまいます。

では、何段階かに分けて切れば良いかといえば、その通りなのですが、その分余計に作業l時間がかかってしまいます。

また、回転刃の切れ味も落ちてくるので交換したり、切った笹を集めたりすると大変な労力を要します。

気になるお値段は?

初回はキャンペーンだったこともあり破格の1万円でしたが、今回は出張費を含む作業代3万円(税別)です。

前回の作業内容を気に入って頂き、昨年に引き続き継続となりました。

敷地の広さや作業難易度、草の集積、回収、廃棄の有無、作業人数などにより価格は当然変動します。

・トゲがある植物がたくさんある
・ツタ系の植物がたくさんある
・坂が多い
・交通量の多い場所で防護柵が必要
・草の量が半端ない


などが料金が若干高くなってしまいます。

・平地
・刈りっ放し


これだと料金は安くなります。

最後に

春から初夏にかけて、大型の工場や国立施設の草刈見積のご依頼を頂きました。

当然なのでしょうが、草の回収・廃棄がありこれがネックとなりお受けすることは出来ませんでした。

(※何が大変って草の回収、袋詰めは人海戦術なので人件費がかかり過ぎます!)

弊社の規模としては、自衛隊、刑務所、研究機関など入札で行うような作業は正直難しいです。

しかしながら、空き地や広い敷地の刈りっ放しで良い土地ならお手頃価格で作業可能かと思います。

皆さんも業者の規模を考えて使分けてご相談、ご依頼して頂けるとお財布にも優しくなるのではないでしょうか?

まずはご相談のお電話やメールを頂けると幸いです。

宜しくお願い致します。

Follow me!